ニュース

インピーダンスとは?

インピーダンスとは?

インピーダンスとは?

最初に、インピーダンスは非常に迅速に技術的で複雑になるトピックです。 このため、この記事では、インピーダンスとは何か、高インピーダンスヘッドフォンと低インピーダンスヘッドフォンの違い、そしてヘッドフォンを覗いたときの意味についての基礎に焦点を当てます。

オックスフォード辞書の定義によれば

オックスフォードの定義では、「インピーダンスは、オーム抵抗とリアクタンスの複合効果から生じる、電気回路またはコンポーネントの交流電流に対する実効抵抗です。」アプリケーションによって簡素化するために、インピーダンス(実効抵抗)は両方の音源に存在します(多くの場合、 (出力インピーダンスと呼ばれます)およびあなたが聴いているスピーカー/ヘッドホン(しばしば入力インピーダンスと呼ばれます)。 インピーダンスはオーム単位で測定され、ヘッドホンの「抵抗」レベルに応じて、オーディオソースからより多くの電力を必要とする場合があります。 インピーダンスを検討する際に考えられる質問としては、「オーディオソースを補完するのに最適なヘッドホンの組み合わせは何か」です。 


ここでは、ヘッドホンの入力インピーダンスに焦点を当てましょう。低インピーダンスのヘッドホンは、通常、高レベルのオーディオを生成するためにオーディオソースからの高出力を必要としません。 これは、電流がそれほど抵抗されていないためです。 ほとんどのスマートフォンが、低インピーダンスのヘッドホンにより適したソースの良い例と言えるでしょう。 また、低インピーダンスのヘッドホンを高電源またはアンプで過負荷にしてしまうと、スピーカーに影響を及ぼす可能性が高いことに注意しておくいことが重要です。 低インピーダンスのヘッドホンは、通常25Ω以下と推定されます。

新しいスタンダード

一方、高インピーダンスのヘッドホンには、より多くの電気抵抗があります。 これは、これらの高インピーダンスヘッドホンが最適なサウンドとボリュームを実現するために、オーディオソースからより多くの電力出力が自然に必要になることを意味します。 このパワーの向上により、通常、オーディオ周波数のより広い表現と、よりインパクトのあるダイナミックレンジが実現します。 電気出力が高いヘッドホンアンプやポータブルオーディオプレーヤーは多種多様ですが、前述のように、オーディオソースでもインピーダンスが発生します。 高インピーダンスのヘッドホンは通常25Ω以上と推定されます。ムーアの法則にならえば、テクノロジーはますます良くなっていくでしょう。 2019年において、入力インピーダンスが32Ωのヘッドホンは、高価なヘッドホンアンプを必要としない高音質の新しいオーディオ規格になりつつあります。 ほとんどのスマートフォンは、このようなヘッドホンに電力を供給するのに適しています。つまり、音質と音楽体験は時間の経過とともに向上します。 私達の新しい AU Stream ANC イヤホンはこの新しい32Ω規格に適合しており、標準的なスマートフォンで素晴らしいサウンドを実現します。低インピーダンス(

知識の共有

Ausoundsは、私たちが設計できる最高のオーディオ製品に関することだけでなく、オーディオニュースや音楽クリエイターに関する最高の情報をお届けすることをお約束します。

 

Ausoundsのヘッドホンテスト


AUSOUNDSのヘッドホンテスト

Ausoundsのヘッドホンは、出荷される前までに非常に厳格なテストプロセスを経ています。 可能な限り最高品質のリスニング体験をご提供するためには、ヘッドホンメーカーがヘッドホンを正しくテストして、意図した通りに動作することを確認することが絶対に重要です。 電子性能だけを確認する場合、30段階のテストプロセスがありますが、それは氷山の一角にすぎません。

最良のバランスのために150回以上テストを行います

当社のヘッドフォンは、最高品質のオーディオ再生のためのdBアイソレーションの最適なバランスについて、150回以上テストされています。 さらに、製造するヘッドフォンのペアごとに40の異なるタッチポイントをテストします。 これらのテストには、ドライバーの良品/不良テスト、半完成ドライバーテスト、ANCマイクテスト、コールマイクテスト、無線周波数(RF)テスト、完成品のオーディオ署名テスト、65時間の充電テスト、汗水が含まれますが、これらに限定されません。スプレーテスト、低温環境テスト(-75C)、高温環境テスト(1.2-XNUMXC)、XNUMXメートルの落下テスト、防水テストなど。EQとチューニングは、私たちのプロセスの特に重要な部分です。新しいマイクのペアは、意図したものと同じです。

45段階の品質管理

Ausoundsでは、可能な限りの最高品質とより良いリスニング体験を提供することに真剣に取り組んでいるため、45段階の品質管理プロセスを用意しています。 ヘッドホンを手に入れて自分でテストしたいときはいかがでしょうか? 無料の周波数スイープ(ボイスオーバー付)をダウンロードして、自分でテストできる素晴らしいリソースがあります。 さまざまなテストトーンと周波数を試すのにAudioCheck.Netをお勧めします。 さまざまなジャンルの一部の曲は、録音またはフィルタリングの方法のために、特定の周波数よりも低いあるいは高い箇所の情報さえ持っていません。 このため、一般的にスペクトログラムを使用してファイルのオーディオ情報を聞きながら視覚的に確認すると、各周波数範囲の品質を意図的に聞くことができます。 ブラウザベースのスペクトログラムはいくつかありますが、https://www.sonicvisualiser.org/から無料のスペクトログラム・アプリケーションをダウンロードすることもできます。

知識の共有

Ausoundsは、私たちが設計できる最高のオーディオ製品に関することだけでなく、オーディオニュースや音楽クリエイターに関する最高の情報をお届けすることをお約束します。

 

音楽に最適なヘッドフォン


音楽に最適なヘッドホン

ヘッドフォンはすべて同じ方法で構築されているわけではなく、音質を「高める」ためにさまざまな組み込みEQまたは周波数曲線を使用できます。 

最高のオーディオカーブを聴く

これにより、ヘッドホンに「個性」を与える方法で音質を改善できる場合があります(Beatsのヘッドホンの低音をイメージしてみてください)。 あるいは、オーディオエンジニアやアーティストが意図していない濁りや粗さを増幅してしまうこともあります。 これが、ほとんどのプロデューサー、アーティスト、およびエンジニアが通常、より馴染みのある周波数曲線を好む理由です。音楽の製作やモニタリングのための最良のヘッドホンは通常、フラットな周波数曲線を描き、これによりオーディオエンジニアやアーティストが意図したサウンドに近づくことが出来ます。ただし、 そういった目的にはこれは最適ですが、すべてのヘッドホンユーザーがレコーディングアーティストやプロデューサーであるとは限りません。 ヘッドホンに、全てに当てはまる「最良」の周波数曲線が存在しないのはこのためです-それはすべて、結局の所、使用目的によるのです。録音技術がより手頃な価格で、ポータブルになるにつれて、アーティストは「モバイルスタジオ」をより頻繁に使用するようになりました。Andrew Huang、Lights、Ninajirachiといったアーティストがいい例でしょう。ですが、家でじっくりプロデュースするアーティストももちろんたくさんいます。

モバイルスタジオ体験

フラットな周波数曲線は別として、快適さとモバイル性能は、ヘッドフォンに関する現代の「モバイルスタジオ」の重要な要素です。 アクティブノイズキャンセレーション(ANC)がますます一般的になってきているため、アーティストや音楽愛好家はノートパソコンをコーヒーショップや図書館に持ち込んで、外部のノイズが問題にならないように作業したり、音楽を聴いたりしています。 例えば、AU Stream ANCイヤホンは、楽曲のサンプルをアレンジ、ミキシング、または録音する際にフィールドで持ち出すことができる品質の良い例です。 ちょっとの間、世界から自分を遮断して、集中する必要がある時や毎日のリスニングや勉強に最適です。 AU Stream ANC イヤホンは、軽量で持ち運びが可能、かつ耐久性があります。そして最も重要な快適性も実現しています。 サウンドも良好?ぜひご自身で試してみてください!

知識の共有

Ausoundsは、私たちが設計できる最高のオーディオ製品に関することだけでなく、オーディオニュースや音楽クリエイターに関する最高の情報をお届けすることをお約束します。